このようなお客様は他社へご依頼をお願いしております。

TOP >  このようなお客様は他社へご依頼をお願いしております。

真剣にお手伝いしたいと考えていますので当社もクライアントを選びます

2002年からホームページ制作を行ってきましたが様々なクライアント様と接する機会がありました。当社も真剣にお手伝いしたいと考えておりますのでクライアントを選びます。下記の様なお客様は申し訳ありませんが他社へご依頼をお願い致します。「依頼者なんだから偉い」「大きい会社と付き合えるののだから無理を言っても当然」という認識の方のご協力はしないようにしています。良識のある方でしたらお読み頂く必要のない内容ですが、当社の考えを共有していただくという意味で読んでいただけたらと思います。

丸パクリして欲しい

あるサイトが気に入っているので、デザインもレイアウトも文章もそっくりそのまま真似をして作って欲しいというご依頼が稀にあります。本当にこのような方はいるもので丁寧にお断りさせていただきました。良識を疑います。。。

御用聞きにはなりません

「言われた通りに作ってくれえればいい」と一方的なリクエストするクライアントもいます。「ここで揉めても仕方がないしな〜」と考え言いなりになってしまうとデザイナーは実際にいますがクリエイティブ思考が停止してしまいます。当然ながら素人の思うままに進めるのですから結果は素人の考える統一性のないサイトが出来上がります。クライアントはその段階で初めて気づくのですが追加の予算が当然発生します。この結果にならないよう説得しながら進めますが、信頼しておまかせ頂けない場合はご期待にお答えすることが出来ません。

今後も継続するので安くして

継続する意味は一言で片付けるには難しい問題で、最初は利益が出ない状態だがテンプレート化させるので続ければ続けるほど工数が減る場合であれば継続案件はありがたいお仕事です。ですが安く利用するだけの依頼はお受け致しません。継続という言葉のみでご依頼を受けてしまうとずっと利益が出なく慈善事業になってしまいます。経験の浅いWebデザイナーは「勉強のために」と思って受ける場合がありますが疲弊して終わってしまいますよ。

予算は決まっているが作業内容は契約後で

「何個買うかは後で決まるけど1,000円でお願い!」と言ってるのと同じです。できるだけ予算をかけたくないのはわかりますがデザイナー・プログラマーは消耗品ではありません。追加の作業に対して追加料金が発生する事をご理解頂けないお客様のご協力は出来ません。10ページ前後と言っていて実際には100ページだったということが本当にありました。私も未熟時代に泣く泣く受けた事がありますが本当に詐欺のような仕事でした。このような案件は多く

「とりあえず作ってみて」というリクエスト

「とりあえず作ってみて」とは「とりあえず家建ててみて。気に入らなければ建て直してもらうから」と同じ意味です。このようなリクエストをされるクライアントは悪気はないが無知の場合が多いです。そうならないためにヒアリングを行い、ワイヤーフレームと作成しながら進めていきますので、信頼してご理解いただけない場合は申し訳ありませんがお受けする事は厳しいです。

PAGE TOP ▲

「迅速・丁寧な対応」と「かゆい所に手がと届く対応」に心がけておりますのでお気軽にご相談ください。メールフォームはこちら。