ホームページを制作する工程は「家造り」と似ています。

TOP >  ホームページを制作する工程は「家造り」と似ています。

初めてホームページをご依頼されるお客様には専門用語をできるだけ使わないように気を付けています。その時に身近な例で例えるため「家造り」で例えるようにしています。建築家が「デザイナー」、大工さんが「プログラマー」で考えて頂けるとわかりやすいです。

まずはヒアリングから

家を建てる場合どのような場所、広さ、部屋数、欲しい設備、ご予算など、どのような家を建てたいかを詳しく相談するのと同様でホームページ制作でもヒアリングを行います。どのような目的で、何ページ必要か、欲しい機能、ご予算といった具合にクライアントとイメージを共有する所から始まります。これを元にサイトマップを作成しお見積もりを提案させていただきます。

設計図を作成

ヒアリングした内容を元に「ここが入口で、リビングはここ、キッチンは・・・」といった感じで設計図が作られるのと同様、ホームページ制作でも「メインに大きな画像を配置して、お知らせはここ、新商品は・・・」といった感じでワイヤーフレームというレイアウト図を作成致します。

設計図がないまま家を作ることは難しいのと同じで、ヒヤリング・サイトマップ・ワイヤーフレームまでの作業は非常に重要です。そのため時間もかかりクライアントにもご協力が必要な部分になります。

トップページデザインは家の外観

次にトップページのデザインに入りますが、こちらは家の外観として例えます。家のデザインや外壁の色、屋根の形などと同様です。ホームページのコンセプトに合わせて、誠実な場合はしっかりとしたデザイン、美容向けの場合は清潔感をイメージしたデザインなどを考えていきます。

下層ページ(トップページ意外のページ)は各お部屋

トップページのデザインが完成しましたら次は下層ページです。下層ページは家で例えるとリビング・キッチン・寝室・子供部屋・書斎と同じものとして考えます。ホームページでも「●●について」「会社概要」「商品説明」「お問い合わせ」といった感じでいろいろなページがあるのと同じ意味になります。

家具は原稿と写真

出来上がった部屋には電化製品などを置いていくのと同様、各ページは原稿や画像を置いていきます。「リビングにはテレビをここに置いて、ソファーはここに置いたほうがおしゃれ」とか考えると思いますがホームページでも同じように原稿を考えてどう見せたら分かりやすいかを考えていきます。

土地がサーバー・住所がドメイン

家を建てるには土地が必要ですし、その土地には住所があります。同様にホームページでは土地がサーバーで、住所がドメインになります。

サーバーとはホームページを制作するとhtml・css・画像データなどが出来上がります。このデータ公開する場所がサーバーです。土地は通常購入するのが一般的ですが、レンタルサーバーがお手軽で一般的です。

サーバーにはグローバルIP(例えば111.222.333.444)という数字を羅列した番号が割り当てられています。しかしこのIPアドレスですがレンタルサーバーの場合変更する場合もありあすし、覚えにくいため分かりやすい名前を紐付けたものがドメインです。

PAGE TOP ▲

「迅速・丁寧な対応」と「かゆい所に手がと届く対応」に心がけておりますのでお気軽にご相談ください。メールフォームはこちら。